INTERVIEW

サービスの成長にコミットできる会社

村上 健治

KENJI MURAKAMI

  • 運営部 システムチーム
  • 2015年入社
村上健治のイメージ

PROFILE

ケータリングの総合サイト《シェフコレ》を支えるエンジニア。派遣を通じて様々な企業 / 業態のプログラミング経験を積んだ後、日本フードデリバリーに入社。プライベートでは最近第一子が誕生し、公私ともに充実している村上さんにエンジニアの仕事についてお伺いしました。

村上健治のイメージ

TOPIC 01

事務所が狭く「これからの会社」だと感じたことが入社のきっかけでした

入社のきっかけを教えてください

これまでいろいろな会社でシステムを作ってきましたが、どの会社でも指示書通りに作ることだけ求められていて「ちょっと違うな」と感じはじめていました。当時から枠組み / 仕組みそのものを作る方に興味があったのでその方面で自分の力を試すことのできる環境を探し、たどり着いたのが日本フードデリバリーです。

当時はまだ大阪オフィスの人数も少なかったと思いますが、面接のときにどのような印象を持たれましか?

今ではオフィスも移転し、会社は少しずつ大きくなってきていますが、当時は3名ほどの人数で、オフィスの狭さが印象的でした(笑)ただ、 それまでの経験を通じ、規模が大きな企業ほど役割分担がはっきりしていて結局それ以上の力がつかないと感じていたので、逆にこの規模の会社ならきっといろいろな経験が積めると、その点はプラスに捉えていました。

実際に入社してみていかがですか?

仕組み作りは大変ですが、以前からやりたいと思っていた業務に関われている点、「自分がサービスの成長にコミットできる」という充実感は思っていた通りで、今まで経験した職場の中で一番楽しいです。

村上健治のイメージ

TOPIC 02

「自分がこのサービスに関わっている」ということが実感できる

この会社ならではの「やりがい」はありますか?

エンジニアというと裏方 / 保守というイメージがありますよね。もちろんプログラムを書くこともありますが、それに加え、自ら主体的にサービスの改善にも関われるところにやりがいを感じます。具体的にはUX向上のための新機能を提案したり、管理画面を改善してオペレーターのフローを簡略化したりといった場合に自分なりの見解を反映させることができます。 「自分がこのサービスに関わっている」ということが実感できる点にこそ、自社サービスに関わることの大きなメリットがあると思います。自分の仕事が売上にも直結しますし、仕組みを考えて最適化する作業が自分に合っているのだと思います。

イメージ

TOPIC 03

主要サービスの「くるめし弁当」よりサービスを大きくしたい

今後この会社でチャレンジしたいことはありますか?

シェフコレを現在弊社の主要サービスとなっている「くるめし弁当」の売上を上回るサービスにしたいです。そのためにはプログラミングのみではなく、マーケティングなど、広範な知識が必要になってくると思うので大変ですが、徐々に知識を身に着けてチャレンジしたいと思います。

ありがとうございます。では、最後に「こんな人と一緒に働きたい」という人物像はありますか?

好奇心が強く、前向きで責任感のある人がこの職場に向いていると思いますし、そんな方と一緒に仕事をしたいです。また、アイデア出しから携われるので。昔の僕のように現在の職場で仕様通りのプログラムを書くだけの仕事に対して不満を持っている方や自分の力を試す環境がなくくすぶっている方にもぜひ来て頂きたいです。