INTERVIEW

「これから成長できる」未知の環境で働きたかった

野村 翔

SHO NOMURA

  • オペレーション部 配送チーム MGR
  • 2017年入社
野村翔のイメージ

PROFILE

2017年入社ながら、今までの豊富な経験を活かして配送チームのマネージャーを務める野村さん。フードデリバリー事業を支える配送のお仕事について語って頂きました。

過去の経験より、「自分が伸びる」環境で働きたかった

TOPIC 01

過去の経験を活かすより「これから自分が成長できる」未知の環境で働きたかった

この会社に入社したきっかけはなんですか?

過去の経験を活かすというより、自分の成長に繋がることがやりたかったので、経験したことのない業態 / 職種で働いてみたいと思っていました。今までいろいろな職場や業態で働いてきましたが、新しいことにチャレンジしたいという思いが強かったので今までの経験にこだわる気はありませんでした。

大手企業の最終面接を蹴ってまで弊社を選んだ決め手は何だったのでしょうか?

代表の石川と仕事をしたいと強く感じたためです。面接時の印象が強く、「この人の下で働いたら楽しそうだな」と。また大企業より少数精鋭の会社で働いた方がこれからの自分の成長に繋がりそうだという考えもありました。

目標がはっきり見えている分、課題をクリアしたときの達成感も大きい

TOPIC 02

目標がはっきり見えている分、課題をクリアしたときの達成感も大きい

実際に働いてみての実感はいかがですか?

配送専門の部署ができたばかりということもあり、まだまだ仕組み化されていない部分が多く、業務は想像していた以上に大変、というのが本音ですね(笑)
ただ、「課題を見つけ出し、解決方法を考え、実行する」という仕組みづくりの面白い部分を最大限に経験できているので、その点はやはり面白いというかやりがいを感じています。
また、配送チームの業務のいいところの一つに指標が数値化しやすいという点があります。効果測定がしやすいので、作った仕組みがちゃんと機能しているか見えますし、PDCAも回しやすいですね。はっきりと目標が見えている分、そこに向かってのプラン立てもしやすく、目標をクリアしたときの達成感も大きいです。

代表と社員の間の認識にずれが生じにくい

TOPIC 03

代表と社員の間の認識にずれが生じにくい環境

職場環境について良い点、または悪い点はをお聞かせください。

ランチに困らないところは良いですね(笑)東京オフィスでは自社サービスの《みんなの食堂》を導入しているので、外出する時間がない時などによく利用しています。

なるほど(笑)オフィスの雰囲気はいかがでしょうか?

1年近く働いてみて、オフィスの雰囲気は良いと感じています。なかでも一番気に入っている点は代表との距離が近いところかと思います。自分の意見を伝えやすいのはもちろん、今後どの方向に舵をとっていくのかが分かり、代表と社員との間に方向性のずれが生まれにくいのは良いことですね。

ありがとうございます。最後の質問になりますが、どういう人と一緒に仕事をしたいですか?

フラットな考えが出来る人と一緒に働きたいですね。配送チームの業務は基本的に仕組みを作ってはブラッシュアップしていく仕事なので既存の仕組みを組み替えて新しいものにする柔軟性が求められます。なので既存の枠組みに囚われずフラットに考えられる人と仕事をしたいと思っています。