NEWS

ニュース

7月27日は土用の丑の日!夏の風物詩「鰻」をオフィスで食べたい企業向けイベント『オフィスde鰻』鰻弁当試食会を実施しました!

皆さんこんにちは。広報の鈴木です。

くるめし弁当では、2019711日(木)オフィスで夏の風物詩「鰻」を食べたい企業向けに、
鰻弁当の試食や実物を展示するイベント『オフィスde鰻』鰻弁当試食会を実施しました。
当日はあいにくの雨となってしまいましたが、お越し頂いた皆様ありがとうございました。

今回はイベント当日の様子や、イベントに至るまでをご紹介させて頂きます!

1.『オフィスde鰻』とは

はじめに、今回のイベントのテーマである『オフィスde鰻』についてご紹介させて頂きます。
くるめし弁当を運営する日本フードデリバリーでは「働く人の食を支える」ことを目指しています。
これから本格的に夏を迎えるにあたり、働く人々のためにくるめし弁当から提案できることはないだろうか、

そんな思いから生まれたのが
「今年はオフィスで鰻を食べて夏を乗り切る!」題して『オフィスde鰻』です。

近年働き方改革等の影響もあり、ランチタイムの充実化に取り組む企業が増えてきました。
そんな中くるめし弁当では、昼食補助やみんなで集まってランチを食べる全社ランチの際など、
様々なシチュエーションで企業からお弁当をご注文頂いております。

そのような各企業の取り組みに対して、
今の季節にこそおススメのお弁当として鰻を使ったお弁当を提案させて頂きました。

 

2.なぜ鰻なのか

鰻と言えば「土用の丑の日」に食べるもの、とイメージされる方も多いのではないでしょうか。

そんな土用の丑の日に鰻を食べるという慣習が始まったのは江戸時代。
諸説ありますが、平賀源内という学者が知り合いの鰻屋から
夏の暑い時期にも鰻が売れるようにするにはどうすればよいか、と相談を受けたことが
きっかけと言われています。元々土用の丑の日に「う」が付く食べ物を食べると体に良いとされており、
それと鰻をかけて

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし


というキャッチコピーを出したところ、鰻が売れるようになったそう…
それを見た他の鰻屋も真似したことから土用の丑の日に鰻を食べるというのが、広く知られるようになりました。

いわばキャッチコピーから生まれた慣習ではありますが、鰻自体も栄養満点。
ビタミンAやビタミンB群、ミネラル(鉄・亜鉛・カルシウム)、DHA,EPAなどの栄養素を豊富に含み、
夏バテ解消に効果的と言われています。それだけでなく、眼や皮膚などを健康に維持することや
脳卒中や高血圧の予防などにも効果があるとされ、実際にこの暑い時期に食べるのにぴったりの食材なのです。

季節のものを食べることでいつものランチがイベントに早変わりする上、
美味しいだけじゃない栄養満点の鰻を食べることでスタミナも付き、仕事もより一層頑張れること間違いなしです。

 

3.イベント当日の様子

711日(木)に実施した鰻弁当試食会では、
“オフィスで鰻を食べる”ことに興味のある企業の担当者の方をお招きし、
鰻弁当を実際にお試しいただいたり、お弁当の実物をご覧頂いたりしました。

今回試食としてご用意したのは、豊洲市場に本店を置き
魚料理に絶対の自信を持つ『跳ね鯛』の愛知県一色産・国産 うな重

ご飯の上に肉厚な鰻の蒲焼が乗っており、見ているだけで食欲をそそられる一品です。
実際に試食した皆さまの感想もご紹介します。

・鰻は敷居も高く、お弁当では価格も高いので頼みづらいのではと思っていましたが、意外とお安くてびっくり。国産鰻を使用しているのも嬉しく、味も濃すぎずたれも美味しかったです。

・量が丁度良い。鰻のタレもすっきりとした甘さで美味しかったです。炭火焼の香ばしさも感じられました。

 

このように鰻が美味しいと、多くの方から好評でした。


跳ね鯛のお弁当は、鰻はもちろんのこと魚を使ったお弁当がとにかく美味しい!
オープン当初から人気店の仲間入りをしている跳ね鯛、是非一度ご賞味ください!

イベント当日は試食だけでなくその他の鰻のお弁当も実物を展示し、実際にお弁当をご覧頂きました。
普段はweb上でお弁当をご覧頂くことがほとんどなので、ご来場いただいた方々にも新鮮な試みとなったようです

 

■うなぎ處 笹川

ふっくらと優しく蒸し上げた肉厚の鰻を、秘伝のタレで丁寧に焼き上げた一品。

・うな重【特上】(くるめし弁当)


・【温まる】うな重【上】(くるめし弁当)

 

■名代宇奈とと

一般的には高価なイメージがある鰻。そんな鰻界の常識を打ち破り、『安い・早い・旨い』を実現!

・うな重特上弁当セット(くるめし弁当)

・うな重弁当セット(くるめし弁当)

 


■日本料理 忠正

秘伝のタレで焼き上げた厳選鰻をふんだんにちりばめたひつまぶしと、
丁寧に作り上げられた副菜の数々がバランス抜群。

・ひつまぶし御膳(くるめし弁当

 

・いろどり二段~ひつまぶし~(くるめし弁当)

・味めぐり十二枡弁当~幕の内~(くるめし弁当)

■日本橋玉ゐ

ミシュランビブグルマンにも選出された天然あなご専門店、
ふんわりと煮上げた後香ばしく焼き上げたあなごは正に本物の味。

・あったか特選玉ゐ箱(くるめし弁当)

4.おわりに

いかがでしたでしょうか。

普段なかなか食べる機会が少ない鰻も、
お弁当であればより気軽に皆さんでお楽しみ頂けるのではないかと思います。
鰻を食べて、暑い夏も元気に頑張りましょう!

 

このようなイベントは数年ぶりに実施したのですが、
普段は対面でお話しすることが難しいお客様と直にお話しすることができ、
くるめし弁当スタッフにとっても学びの多い時間となりました。

いただいたお弁当を発注する際のお悩みやくるめし弁当に対するご要望など、
これからのサービス運営に反映して皆様により良い体験をして頂けるように尽力してまいります!

今後もくるめし弁当を宜しくお願いします!


▽くるめし弁当の鰻特集はこちらから!
秘伝のタレが味の決め手!ふっくら香ばしいうなぎ弁当特集